So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

狂犬病予防接種まだ間に合います\(^o^)/ [スタッフ日誌]

こんにちは▽・ω・▽
スタッフの伊東です[手(パー)]

だんだん暑い日があったりして夏に向かってる感じがしますね[晴れ]

さて、春には公園や施設などで狂犬病の集合注射がありますが
なかなか日程や時間が合わずに
「今年は行けなかったからいっか・・・」などと諦めている方いませんか?

しかーし[どんっ(衝撃)]
狂犬病予防接種は義務となっています[exclamation×2]
諦めるのはまだ早いです[ぴかぴか(新しい)]

そう!動物病院でも接種できるのでーすO(≧▽≦)O[るんるん]
当院の場合予約制ではない(日曜午後を除く)ので
飼い主様のご都合と[犬]ちゃんの体調をみて
ご来院いただけます[ひらめき](※木曜・祝日を除く)


★ご持参いただくもの★
[メール]お家に届いているハガキ
[ドコモ提供]狂犬病予防注射代 ¥3000
[ドコモポイント]狂犬病予防注射済票交付手数料代 ¥550

[3]つだけです(*^-゚)v

ご来院前にお家に届いているおハガキの裏面に問診欄がありますので
一度ご覧いただくようお願いします[わーい(嬉しい顔)]

愛犬きらは、
毎年恒例のぽんたカットになりました[黒ハート]
2017-06-20T13:31:49.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

梅雨時期気を付けたい事◎ [スタッフ日誌]

こんにちは(*゚▽゚)ノ
スタッフの柳橋です!

梅雨に入りましたが、今年はまだあまり雨が降っていませんね[雨]
わんちゃんたちからするとお散歩に行けるので良いのかもしれません[かわいい]


これから雨が降る事が多くなってくると、心配なのが雨に濡れて
それをそのまま放置にする事によって起こる皮膚病です[どんっ(衝撃)]

外でしか排泄しない子
雨でもお散歩に行く子
お外で飼育している子

こういった子たちは特に注意してあげて欲しいと思います[ひらめき]
また高齢の子も濡れたままにしてしまうと体力を奪われますので、乾いたタオルで拭く等してあげて下さい☆


雨に濡れて・・・とは直接関係ありませんが
散歩から帰ってきて、お家の中に入れる前に足を拭いてあげる。
実はこの行為にも注意が必要なんですΣ(・ω・ノ)ノ!

ウェットティッシュや濡れタオルを使っている方が多いと思いますが[exclamation×2]

ウェットティッシュのアルコール成分で荒れてしまったり、
濡れタオルで足裏の間が湿ってしまうのが良くありません[ふらふら]


乾いたタオルで汚れを落としてあげるくらいがちょうど良いです[ひらめき]
ただ、それだけだと家の中にあげるのにちょっと・・・と思われますよね(^^;)

そんな時病院でオススメしているのは
足裏の汚れ落としや、保湿・除菌の効果もある、ふきとりフォーム(泡)です[足][ぴかぴか(新しい)]
興味のある方はスタッフまでお声掛け下さい[揺れるハート]

ちなみに我が家のハリーくんも使っています[手(チョキ)]
そのおかげか皮膚病知らずですよ[わーい(嬉しい顔)]
2017-06-12T15:24:38.JPG


2017-06-12T15:24:38.JPG2017-06-13T14:05:37.JPG
左:ハリーくん     右:キラちゃん[るんるん]

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

デンタルケア応援キャンペーン☆ [スタッフ日誌]

2017-06-05T12:37:14.JPG


本日より混合ワクチン接種・フィラリア予防スタートしたワンちゃん[犬]を対象に
“デンタル応援キャンペーン”と題しましてくじ引きが出来ます(*゚▽゚)ノ

賞品はデンタル製品の大当たり[どんっ(衝撃)]
人気のベジタルチュウの割引券[ひらめき]などなど・・・
空くじなしです[プレゼント]

期間中、混合ワクチン接種・フィラリア予防スタートした猫ちゃん[猫]の飼い主さんには
デンタル製品の割引券をお渡します[手(パー)]

3歳以上の子の80%は歯周病と言われていて、
歯周病は内臓にまで影響を与える事のある怖い病気[ふらふら]
この機会にぜひデンタルケアを日常ケアにしていきましょう(^▽^)/

nice!(0)  コメント(0) 

平成29年度茨城県犬猫殺処分ゼロを目指すシンポジウム [スタッフ日誌]

2017-06-02T16:53:02.JPG


こんにちは。丸岡です[かわいい]
先日、院長とスタッフでセミナーに参加してきました。
とても勉強になるお話が聞けたので、その一部を紹介したいと思います。


テーマの一つに、「犬や猫との正しい関わり方」というお話がありました。

「問題行動」という言葉を聞いた事はありますか?
大きく3つに分類されるそうです。

[1]動物が本来持つ正常な行動範囲の表現にも関わらず、人間によって問題と判断される場合。
[2]正常な行動ではあるが、範囲を逸脱している場合。
[3]本来は示す事のない異常な行動である場合。

[1]の場合・・・飼育環境の問題、飼い主の考え方・知識不足
[2]の場合・・・飼育環境の問題、しつけ等が適切にされていない
[3]の場合・・・強いストレス等があることが背景に存在する

こういった原因のほとんどが、人間との関係が深く関わっていると思われます。
動物を飼ってから問題が分かる事もありますが、
まず、飼う人間が動物の生態を理解し、しつけの仕方を学び、適した環境での飼育が求められます。

間違った飼い方をした結果、困り果てて無責任に手放す飼い主がいます。
自由になった、犬猫は本能のまま生活し繁殖していくでしょう。
ノラ犬やノラ猫が増える事で、困るのもまた人間です。
そして人間は、殺処分というとても悲しいことをしなければならなくなりました[もうやだ~(悲しい顔)]

犬や猫との正しい関わり方それは、
飼い主と動物が、お互い幸せに暮らせること。
私達は、そのお手伝いをしたいと思っています[揺れるハート]

nice!(0)  コメント(0) 

猫用ブランケット☆ [スタッフ日誌]

ワンちゃんのフィラリア予防の季節により、
猫ちゃんが待合室でワンちゃんと遭遇する機会が増えてます[ふらふら]

目隠しをすることで少しでも猫ちゃんが怖い思いをしないように、
ブランケットをご用意していますので、キャリーケースに掛けるなどしてご活用ください[猫][るんるん]

待合室に入って右側奥、受付テーブルの上に置いてあります!

2017-06-07T13:55:18.JPG
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
2017-06-07T13:54:33.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -
メッセージを送る