So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ブタがいた教室 [クリスの院長室]

小学生が学校でブタを育ててそれを食肉にする実話が映画化されました。
この映画は見ていませんが以前テレビで実際の小学生と先生の話を見たことがあります。

個人的な考えですが、
ブタを殺すのは良くないと思います。
可愛そうだからではありません。

私には殺す理由がわかりません。
子供にそれを経験させる意味もわかりません。
成長を考えると精神的に危険な行為かもしれません。
PTSDとか大丈夫なのでしょうか?
答えは映画を見ればわかるのかもしれませんが、
そう思います。

食べるものが無い時代ならわかります。
ブタの命を犠牲にしてやっと人間が生きて行けるのなら仕方がない。
おかげで我々が生きていける。
その代わり命を決して粗末にしちゃいけないと。

でも今は飽食の時代。
命の価値が1対1じゃ無くなっています。
ブタを殺さなくても暮らしていける。
タンパク源なら他にもある。
ブタを食べるのは美味しいから。
これじゃ子供に対して説得力に欠けるのでは?

ペットのブタと食用のブタとの線引きの勉強のために
まだ幼い小学生に辛い経験をさせるのはどうなのでしょう?
もし私が先生なら最期を看取るまでブタを飼育し続けます。
そこから学べることも多いと思うのです。
殺すことより生かすことから得られる経験の方が多いのではないでしょうか?

もしそういう学校があれば協力します。
連絡下さい。
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

匿名

はじめまして。
賛同です。
もし私が子供のときに経験したら、「先生は殺すのが本来のことだと言っている。きっと、悲しんだりする自分が間違っているのだ」「どうせ殺される運命で生まれてくる立場というのがあって、そういうのは”気にせず”殺すべきなのだ」と結論づけていただろう自信があります・・・。
「悲しいけど、しかたないよね」なんて複雑な考え方は出来る子供もたまにいるかもしれないけれど、無理な子供も多いと思います。
by 匿名 (2008-11-04 23:37) 

くりど

コメントありがとうございます。
正直今回の内容はちょっと勇気がいりました。
子供には”死ぬ”ことを教えるより先に”生きる”ことを教えるべきだと考えています。

例えは変かもしれませんが、
これは恋いをして結婚することより先に離婚について考えるようなものではないでしょうか?

生きることってたいへんですよ。
動物も人間も。
毎日小さな”いのち”と接触し、強くそう感じます。
by くりど (2008-11-05 11:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。